山形県障がい者スポーツ協会の公式サイトです。

協会概要

  • HOME »
  • 協会概要

設立目的

障がい者がスポーツを通じて、その体力を維持増強し社会参加する意欲の高揚を図るとともに、県民の障がい者に対する一層の理解を深め、障がい者スポーツを体系的かつ効果的に普及することを目的としています。

事業内容

  1. 障がい者スポーツの普及及び啓発
  2. 障がい者スポーツ研修会及び講習会の開催
  3. 障がい者スポーツ指導者及び審判員等の養成
  4. 障がい者スポーツクラブの育成及び助成
  5. 障がい者スポーツ教室の開催
  6. 障がい者スポーツ大会の開催
  7. 一般スポーツ団体との連絡調整
  8. 国際・国内大会に出場する県選手への支援

主な活動

1.競技力向上推進事業

①助成事業

当協会に会員登録されている障がい者スポーツ団体・個人に対して当協会助成要項に基づき、各種大会参加及び大会開催に係る一部経費の助成を行っています。さらに障がい者スポーツのレベル向上を目的に、合宿や強化練習会等に係る経費の助成も行っています。

②山形県障がい者スポーツ大会開催業務

山形県障がいスポーツ大会(山形県大会)を毎年開催しています、内容は、全国障害者スポーツ大会の予選を兼ねて競技力の更なる向上を目指して行われる競技大会と、健康の増進と社会参加を図ることを目的としたレクリエーション大会の、二つに分けて開催しています。

2.全国障害者スポーツ大会選手団派遣

毎年山形県大会で優秀な成績を修めた選手を派遣し、国体の後に開催される全国障害者スポーツ大会へ山形県選手団を派遣し全国大会においても好成績を残しております。

3.普及拡大事業

県民の更なる障がい者スポーツへのご理解を図るため、当協会広報誌「障がい者スポーツ協会だより(身障やまがた内掲載)」やホームページにより、啓発活動を行っています。また、重度化や高齢化した障がい者の方々も障がい者スポーツを楽しめるように、誰もが気軽に参加できるレクリエーションスポーツの普及にも力を入れているほか、スポーツコーディネーターを配置し、障がい者スポーツにかかる相談業務や各競技団体との連携・調整を図り、障がい者スポーツの普及活動を行っています。

4.スポーツ指導員養成事業

障がい者スポーツを普及拡大していく上で、特殊なルールを理解している指導員や審判員が欠かせないことから、指導員や審判員の養成、スキルアップのための講習会の開催や参加、資格取得、関係団体の活動経費等を助成しています。

※当協会は、会費、山形県の委託・補助、べにばなふれあい募金の助成金等で運営されています。

会則及び理事名簿

山形県障がい者スポーツ協会会則(PDFファイル)

 

 PDFファイルをご覧になるためには【Acrobat Reader】が必要です。

PDFファイルで提供している文書等を表示するためには、表示するコンピュータ用の「リーダー」と呼ばれるプログラムが必要です。アドビシステム社は各機種用にPDFリーダーであるAdobe Reader(アドビリーダー)を無償配布しており、次の場所からダウンロードできます。
get_adobe_reader
Adobe及びAdobe Readerロゴは、Adobe System Incorporated(アドビシステム社)の商標です。

 

PAGETOP
Copyright © 山形県障がい者スポーツ協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.