2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、県民の障がい者スポーツに対する意識の高揚と理解を深めていただこうと、去る11月23日(月・祝)に山形県総合運動陸上競技場(NDソフトスタジアム)におきまして、障がい者スポーツ交流会を開催いたしました。
ゲストとして、世界選手権大会(2015ドーハ大会)に日本代表選手として出場された、村上清加選手(長谷川体育施設)と渡辺勝選手(凸版印刷)のお二人をお招きし、多くの方々にご参加いただき盛大に開催されました。
競技デモンストレーションでは、村上清加選手には義足、渡辺勝選手には競技用車いすでトラックを駆け抜けていただき、実際に走る姿を見た方々からは「かっこいい!」「思っていた以上にスピードがあるので驚いた」等の声が上がっていました。
また、会場には、5種目のレクリエーションスポーツや、競技用車いすの試乗、義足歩行体験ができるブースを設け、障がい者スポーツへの理解を深めていただきました。
このたびの交流会をきっかけに、是非、障がい者スポーツに注目していただき、山形県の障がい者スポーツの普及に繋がればと思っております。

笑顔満点、和気あいあいの開会セレモニー笑顔満点、和気あいあいと閉会セレモニーが行われました。

全スポわかやま大会へ出場した山形県選手団から花束が贈られました全スポわかやま大会へ出場した山形県選手団から花束が贈られました。

村上選手100m走のデモンストレーション村上選手、100m走のデモンストレーション

渡辺選手自転車とのデモンストレーション

渡辺選手、自転車とのデモンストレーション。

パラ陸上や走ることへの魅力を教えていただき会場から歓声が起こります

パラ陸上や走ることへの魅力を教えていただき会場から歓声が起こります。

バランスをとるのが難しい義足体験

バランスをとるのが難しい義足体験。

義足体験では、村上選手より、直接アドバイスを受けました

義足体験では、村上選手より、直接アドバイスを受けました。

レーサー体験もありました

レーサー体験もありました。

なかなかお目に係る機会がないレーサー体験に人気が集まっていました

なかなかお目に係る機会がないレーサーに人気が集まっていました。

メディアよりインタビューを受ける村上選手

交流会の様子は、県内各メディアより取り上げていただきました。

全体写真①最後は参加者全員で記念写真を撮りました。
皆様、ご参加いただきありがとうございました。
村上選手、渡辺選手、山形から応援しております!